社会悪を迎え撃つ法的措置の力

小さなうちの迅速対応が重要な誹謗中傷対策悪意を持って他人の名誉や尊厳を傷つけ、信用を損ねて損害を与える誹謗中傷行為は、どんなに軽い気持ちで行ったものであっても、れっきとした犯罪行為であり、刑事法における処罰対象となります。インターネットが普及して以降、匿名性の高さを利用した誹謗中傷の被害件数は増加の一途を辿り、計り知れない影響力で社会を揺るがす例も後を絶ちません。ほんのいたずら心からの書き込みも、名誉毀損罪や侮辱罪などによって刑事告訴が可能であることは、まだ周知が徹底していない面もあります。
個人、企業の別なく、誹謗中傷対策について正しい知識を持ち、根拠の無い書き込みに対しては速やかに対応することで、風評被害の拡大を最小限に抑えることができます。
誹謗中傷の本質とは、「火のないところに煙を起こす」という、負の心理が作用した結果にあります。性善説だけでは解決できない、現代社会にはびこる誹謗中傷行為には、毅然とした態度で臨む姿勢が大切なのです。

イメージ画像【インターネットの誹謗中傷】被害にあったときの対処法とは!
インターネットを介した名誉毀損・誹謗中傷の被害が増えています。インターネットは一度個人が特定されてしまうと一気に拡散される恐れがあります。被害の対処法について解説いたします。

インターネット通販で「クーリング・オフ」できますか?
通販サイトやネットオークションを利用する方は年々増えています。しかし実際に商品を手にとり購入できないというのも事実。ではインターネット通販でクーリング・オフはできるのでしょうか。

風評被害に負けない企業に!対策をとりましょう
Webサイトを持つ企業は年々増え続け、規模を問わずインターネットで宣伝・広告を行う企業は増えています。風評被害に負けない企業にするためにはどのような対策を講じれば良いのでしょうか。

インターネット経由のサイバー犯罪対策の現状
インターネットを悪用したサイバー犯罪の増加が叫ばれていますが、普段から意識している人はそれほど多くない現状があります。ネット取引や誹謗中傷などは利用者側の意識にゆだねられています。

インターネットトラブルで目立つフィッシング詐欺とは
フィッシング詐欺は架空のサイトを用いて消費者のIDやパスワードを盗む手口です。自分は偽のサイトなんて見ればわかる、と高を括っている人ほど騙されやすいため、気を付けてください。

インターネットトラブルに多いアダルトサイトの不正請求
アダルトサイトの不正請求はワンクリック詐欺と呼ばれるものが典型的です。アダルトサイトの特性上後ろめたさを感じてしまい、料金を支払ったり連絡を取ったりしてしまう人が多くいます。

インターネットで注意したいワンクリック詐欺の落とし穴
ワンクリック詐欺の落とし穴は大人だけではありません。スマートフォンが普及した今、子どもも遭いやすい詐欺になっています。ワンクリック詐欺に出くわしたら、正しい対処が肝心です。

インターネットが火元になる出会い系サイトのトラブル
出会い系サイトはインターネットを介したトラブルの中でも非常に多くの被害者を出しています。近年ではサクラ以外の方法で利用者を騙す手口も発展し、混沌を極めています。

インターネットで迷惑なスパムメールの現状と対策
インターネットトラブルの温床でもあるスパムメールは、とても迷惑な存在です。これらを抑止する法律もありますが、現状では自分自身が対策することが最も確実といえます。

ネット上の誹謗中傷対策と法的な対処法
誹謗中傷とは根拠なく相手を貶めて信用を失墜させる行為です。被害を受けたらプロバイダや管理者に削除要請するか、警察や弁護士などの専門家に相談し、法的措置による解決を図りましょう。

店舗・企業におけるネット上の風評被害対策
ネット上の誹謗中傷による風評被害を最小限に抑えるには早期対処がポイントです。プロバイダに書き込みの削除請求や発信者情報の開示請求をするなど、犯罪行為には毅然と対応しましょう。

インターネット上のネガティブキャンペーンは違法ではない?
ネガティブキャンペーンはライバルを貶める運動のことです。インターネットトラブルになりやすい誹謗中傷と違い、根拠に基づき発信元が明示されることから容認される傾向にあります。

心の隙間にすべり込むネット上のサクラサイト商法に注意しよう
出会い系サイトの料金システムを踏襲し、サクラを使ってお金をだまし取る詐欺をサクラサイト商法と呼びます。出会い系サイトだと知らずに登録させられることも多いため注意が必要です。

未成年者が巻き込まれやすいインターネットトラブルの実態
情報社会が確立した現代においてインターネットは未成年の間でも身近なものとなっています。まだ物事の分別のつかない未成年者はインターネットトラブルにも巻き込まれやすい現状があります。

便利さの裏返しで急増中?SNSでのインターネットトラブル
SNSを介したインターネットトラブルは毎日のように報道で取りざたされています。傷害事件への発展や不都合な情報の拡散、詐欺被害など、その内容は多種多様にあります。

「誹謗中傷」がもたらすさまざまな影響とは
インターネットの匿名性を悪用した誹謗中傷の件数が増加しましたが、誹謗中傷はれっきとした犯罪行為です。企業の風評被害は計り知れず、売り上げや株価などに悪影響を及ぼします。

犯罪行為である誹謗中傷は刑事起訴が可能
誹謗中傷は名誉毀損罪や侮辱罪などの処罰の対象となり得ます。不特定多数が認識できる状態で特定の相手の社会的評価を貶める発言をした場合、本人にその気がなかったとしても罪は成立します。

誹謗中傷被害を受けた場合の刑事告訴の手続き
確かな事実や証拠があり、告訴する意思があれば、誹謗中傷は名誉毀損罪や侮辱罪として刑事告訴できます。刑事告訴の手続きは口頭でもできますが、告訴状が必要になるケースもあります。

誹謗中傷による名誉毀損が成立する構成要件
誹謗中傷による名誉毀損罪の構成要件は、刑法に明記されています。ただし、構成要件を満たしていても免責される条件や時効などもあるため、刑事告訴する際には注意が必要でしょう。

心のスキマに入り込むインターネット詐欺のいろいろ
誰もがパソコンやスマートフォンからインターネットを利用するのが当たり前になった日常のなかで、メールやウェブサイトを利用して巧みに心につけ入るネット詐欺が多発しています。

未成年にモバイル端末を持たせる前に注意すべきポイント
交流サイトは、ネットを通じて、サイトでの出会いがきっかけの犯罪に巻き込まれるリスクをはらんでおり、犯罪被害も数多い。家庭の決まりやフィルタリングサービスを利用して安全に使えるようにしましょう。

善きユーザーを悩ますアダルトサイト請求の画面表示
アダルトサイト請求はネットトラブルの筆頭格です。消費者の不安につけ込んでサイト利用料を架空請求し、金をだまし取る詐欺サイトに対しては、冷静に対処することが有効な対策です。

SNS経由の知人が豹変?ネットストーカーの恐怖
SNSは時としてネットストーカー被害を招きます。写真から現住所を特定され、つきまとい行為に発展するケースが多いのです。対策は個人情報を掲載せず、情報の公開範囲を設定することです。

想像以上にストレス大!ネットオークションのトラブルいろいろ
ネットオークションはトラブルに巻き込まれやすい側面もあります。素人同士の取引に過剰なサービスを期待したり連絡の行き違いが問題に発展しやすいので、疑問点は事前に解消しておきましょう。

反社会的勢力には法律で立ち向かう「反社会的勢力」は、社会の闇の部分だけに巣食う、目に見えない存在では決してありません。反社会的勢力とは、暴力団とその関連企業や団体、集団、また暴力や詐欺行為などで不当かつ違法に利益を得たり、威圧・脅迫などによって圧力をかける個人・法人・団体のすべてを指しています。
反社会的勢力と聞いただけで、漠然としたイメージや正体の分からないものに対する恐怖心から、見て見ぬふりをしたり、相手の言いなりになって泣き寝入りをする例はたくさんあります。また、そうした集団とは知らずに関わりを持ってしまった場合、被害者ではなく加害者として社会的責任を問われるので、細心の注意が必要なのです。
現在に至るまでには法整備が徐々に整い、社会的に違法な存在に対してはNoを突きつけるためのバックボーンが構築されつつあります。反社会的勢力に対抗するためには、法的な対応策が何よりの武器です。ターゲットにされた、あるいはそうなる可能性がある場合は、専門家のサポートを仰ぎながらの迅速に対応しましょう。

イメージ画像定義しにくい「反社会的勢力」の正体とは何か
「反社会的勢力」というワードを耳にすることは多いですが、その定義は政府によって明確にされています。暴力団を筆頭とする反社会的勢力に財源を提供する行為は社会悪とされています。

反社会的勢力に対して企業がとるべき基本の姿勢とは
反社会的勢力に対する企業姿勢は、徹底排除であるべきです。反社会的勢力と関係を持っても良いことは何一つありません。企業を守るためには社員教育もしっかり行いましょう。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務内容
【法人のお客様】
知的財産権、誹謗中傷対策、債権回収
【個人のお客様】
誹謗中傷対策、離婚、相続、債務整理・破産、労働問題、刑事事件

連絡先 お問合せフォーム

test