インターネットが火元になる 出会い系サイトのトラブル

出会い系サイトトラブルの筆頭格・サクラインターネットを介したトラブルと言えば出会い系、そして出会い系と言えばサクラ。そのような図式がいつの間にか出来上がっている昨今、実際にサクラによる被害は後を絶ちません。

出会い系サイトのサクラは、実際には存在しない女性を騙って、男性とやり取りをします。初めのうちは無料で利用できるからと気軽に登録しますが、無料期間やポイントが終了すると、メール一通につきいくらなどと言った課金システムに切り替わります。そのため、実在しない女性とのやりとりのために、どんどんお金を払わせられることになるのです。近年は女性も出会い系サイトのトラブルに遭うことが増え、芸能人や富裕層の男性と偽って課金を迫るケースが多いようです。

サクラだけじゃない!出会い系サイトトラブルサクラは以前から問題視されており、今でも被害に遭う人はいますが、実はそれ以外のトラブルも増えています。サクラ以外のトラブルの例を少しだけご紹介いたしましょう。

●ケース1:出会ってから知る「勧誘目的」
出会い系サイトに登録し、何度か女性とやりとりし、会うことを提案してOKをもらえた。実際に会った本人はプロフィール通りで、サクラの可能性は完全否定された。健全な出会い系サイトならこの一連の流れは何も問題なく、むしろ喜ぶべきことです。しかし問題は、その女性が登録した目的です。通常ならば、恋人や友達を探すために登録すべき出会い系サイトにも関わらず、この女性はビジネス目的の勧誘をする対象を探していたのです。
具体的には、「このセミナーは良かったからすっごくおすすめ」「この商品を使うとぜったい疲れがとれるから買ってみて!」などなど。このような女性は、さらにたちの悪いことに、デートの途中で他の男性と合流し、複数で被害者に圧力をかけてきます。出会った後も注意が必要なんて、世知辛い世の中ですね...。

●ケース2:出会う前から巻き込まれる「SNSからの紹介」
サクラ被害は、登録した後から発生するものだけだと思っていたら危ないですよ!出会い系サイトに全く興味がなくても、SNSの紹介などで騙されて登録させられるパターンも増えています。
これは性別を問わず騙されやすい手口である点でも要注意です。芸能人の関係者を装ってSNSで連絡し、「本人とやり取りをするのはこちらからお願いします」などと言葉巧みに誘導して登録させます。そこが出会い系サイトだとは気づかないうちに...。

このほかにも出会い系サイトのトラブルはごまんと存在します。もしトラブルに巻き込まれても、出会い系サイトの被害に遭ったこと自体を負い目に感じる必要はありません。しかし同じ失敗を繰り返さないためには、法律の専門家に相談することが最も賢明な解決方法でしょう。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務内容
【法人のお客様】
知的財産権、誹謗中傷対策、債権回収
【個人のお客様】
誹謗中傷対策、離婚、相続、債務整理・破産、労働問題、刑事事件

連絡先 お問合せフォーム

test