インターネットで注意したい ワンクリック詐欺の落とし穴

ワンクリック詐欺は大人だけの問題ではないインターネットを閲覧していると、ポップアップが表示されることが多々あります。ポップアップとは、一番手前に表示されるウィンドウのことです。既に出ている画面の上に表示されるため、広告を表示させたり重要な規約を表示させたりするときによく用いられています。

そして、ワンクリック詐欺にも...。ワンクリック詐欺は契約を結んだ覚えがないにも関わらず、契約を結んだとして料金を請求する手口ですが、ポップアップで表示することで利用者に無理やり画面を見せるのです。さらに、何回閉じてもすぐにまた開くなど小賢しい機能を駆使してくるため、利用者は困ってしまいます。

このようなポップアップが表示されたら無視することが原則なのですが、アダルトサイトなど他の人に知られたくないようなサイトを閲覧していた場合は無視することができずに支払ってしまうパターンが多いようです。しかし、ワンクリック詐欺はアダルトサイトの不正請求だけではありません。スマートフォンが広まり、子どもも持つようになったため、何もわからない子どもがおもしろ動画やゲームの攻略サイトなどを見ているときにワンクリック詐欺のポップアップが開くこともあり得るのです。

子どもも落ちやすいワンクリック詐欺の落とし穴小学生や中学生くらいまでなら親に助けを求めるケースが多いと思われますが、高校生くらいになるとアルバイトもできるようになり、自分で使えるお金も増え、キャッシュカードを所持する子どもも増えるでしょう。また、親のクレジットカードをこっそりと見て支払いを済ませてしまうことも考えられます。未成年の子どもたちは突然のポップアップ表示に驚き、なかなか表示が消せないことに慌てて混乱し、正常な判断ができなくなってしまうのも無理はありません。親のセキュリティ意識がしっかりしていても、子どもの情報管理能力を育てることも大切なのです。

ワンクリック詐欺に遭った時はワンクリック詐欺は徹底的に無視をすることが鉄則です。なかなか消えてくれない画面表示は腹立たしいものですが、パソコンでもスマートフォンでも閲覧履歴とキャッシュを削除すれば画面を消すことが可能です。
もし、それでも消えなかった場合は悪質なソフト、或いはアプリをインストールさせられている可能性もありますので、必要なデータを別の媒体に保存した上で本体は工場出荷前の状態にリセットする方法があります。絶対に消えない料金請求画面はありませんので安心して下さい。

また、もし連絡を取ってしまったり料金を振り込んでしまった時は、今後の被害を防ぐためにも、警察や国民生活センター、法律事務所などに相談することをお勧めします。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務内容
【法人のお客様】
知的財産権、誹謗中傷対策、債権回収
【個人のお客様】
誹謗中傷対策、離婚、相続、債務整理・破産、労働問題、刑事事件

連絡先 お問合せフォーム

test