知的財産権、インターネット問題から離婚、相続等の一般民事事件も迅速・適切対応

全国対応

虎ノ門法律特許事務所

ごあいさつ

大熊裕司第一東京弁護士会所属
弁護士 大熊 裕司
当事務所は、特許法、商標法、意匠法、著作権法、不正競争防止法等の知的財産法だけではなく、離婚・相続といった家事事件、インターネット上の誹謗中傷対策、労働事件、その他一般民事事件にも対応しております。場所は、虎ノ門駅から徒歩5分(虎ノ門ヒルズ近く)ですので、東京都内の方はもちろん、東京近郊の方にとっても容易にアクセス可能な法律事務所です。 事故や事件、その他法律上のトラブルに巻き込まれた方や、将来法律上のトラブルに巻き込まれないように考えている方は、何時でもご相談にお越し下さい。 当事務所は、企業の皆様だけでなく、個人の皆様を対象としたリーガルサービスを併せてご提供させていただいております。個人の方はもちろん、企業の方であっても
・弁護士に相談するのは敷居が高い
・弁護士というのは、どういう人なんだろう
・弁護士に相談すると、高い費用がかかるのではないか

といった不安や疑問を持たれる方も多いと思います。

当事務所は、企業の方であれ個人の方であれ、安心して企業活動や社会生活を送っていけるように、相談者の方にとって最適で最善な法的サポートを提供できる法律専門家集団です。日々の事業活動や日常生活において何らかのトラブルに巻き込まれた方や、法的リスク判断に迷っている事業者の方にとって、当事務所は最高のパートナーになり得ることをお約束いたします。

なお、病気になった際に早期治療が重要なのと同様に、法的トラブルについてもできるだけ早期に解決策を練り上げることが、紛争の早期の解決をもたらし解決も容易になりますので、どの様なことでもお困りのことが生じましたら、早期にご相談にお越しくださることをお勧めします。 対応地域は、全国対応しております。

新着情報
2020.06.17

ABEMA NEWSチャンネル(令和2年6月16日)に、「ネットの誹謗中傷を可視化"見えた言葉の暴力"とは?倉持由香が被害告白」の取材を受けました

発信者情報開示請求の流れについて、ABEMA NEWSチャンネルで解説しました。

2020.03.09

週刊ポスト3・20で、伊藤蘭が1人で歌うキャンディーズ『春一番』について、著作権法上の問題についてコメントしました。

2020.03.06

AbemaNewsチャンネル(令和2年3月3日)に、「ネット特定班・鬼女の生態」の取材を受けました

ネット特定犯が書き込んだ記事の法律上の問題点について、AbemaNewsチャンネルで解説しました。

2019.11.20

日経産業新聞(令和元年10月4日)に、「偽ブランド、売り手の注意点は?」の取材を受けました

フリマアプリに出品された商品の売買に関して、一般消費者にとっての注意点について、日経産業新聞にコメントしました。

2019.07.24

フジテレビ「めざましテレビ」の取材を受けました(令和元年7月12日)
漫画村運営者の逮捕に関連して、海賊版であるマンガなどをダウンロードする行為についても違法とする著作権法改正の議論について解説しました。

2019.05.10

事務所移転のお知らせ
令和元年5月27日より、下記新住所にて業務を開始いたします。
【移転先住所】
 〒105-0001
 東京都港区虎ノ門1丁目1番23号ウンピン虎ノ門ビル3階
 ※電話番号、FAX番号は変更ございません。

2019.04.17

フジテレビ「めざましテレビ」の取材を受けました(平成31年4月14日)
イタリアの高級ブランド、マックスマーラがラオスの少数民族の伝統衣装を無断で真似た洋服を販売している件での著作権侵害騒動について、法律上の問題点について解説しました。

2019.03.15

別冊ジュリスト242号 著作権判例百選(第6版)に,訴訟代理人を務めた事件が掲載されました。

当職が訴訟代理人を務めた事件(東京地裁平成27年12月9日判決)が,別冊ジュリスト242号 著作権判例百選(第6版)「ヘアスタイルコンテスト写真事件(40頁)」に掲載されました。

2018.09.21

NHKニュース「おはよう日本」の取材を受けました(平成30年9月20日)

音源を無断でインターネットにアップロードすることについて、法律上の問題点について解説しました。

2018.07.05

TBSテレビ「ビビット」の取材を受けました(平成30年7月4日)

過激なネット配信の影響について、法律上の問題点について解説しました。

新着情報一覧はこちら

お問合せ・ご相談

主な業務内容
【法人のお客様】
知的財産権、誹謗中傷対策、債権回収
【個人のお客様】
誹謗中傷対策、離婚、相続、債務整理・破産、労働問題、刑事事件

連絡先 お問合せフォーム